かくくま雑貨の図画工作記録

かくくま雑貨のブログです。かくくま雑貨の事と、それとは全く関係のない工作の事も、かくくま雑貨の中の人が好きな事を書きます。

押し花の栞作り

 

f:id:kakukuma_zakka:20210505223512j:image

どこか懐かしい押し花の栞。

f:id:kakukuma_zakka:20210505222904j:image

今回は久し振りにそんな押し花の栞を作ろうと思います。

 

材料は庭で咲き揃っていたお花達。

f:id:kakukuma_zakka:20210506011741j:image

/記念撮影パシャ\

剪定して幾つか持ち帰ったので先ずは押し花作りから。

 

専用の粉でドライフラワーにする事はあっても、押し花を作るのは本当に久しぶりです。

定番の本に挟む方法で作ることにします。

お気に入りのハードカバーの児童書が大活躍!

f:id:kakukuma_zakka:20210505175314j:image

花をティッシュ→新聞紙→本の順に挟んだら、1〜2日置きに新聞紙を取り替えつつ、1週間ほど置いてしっかり乾燥していれば完成です。

 

破れないようにゆっくり剥がします。

f:id:kakukuma_zakka:20210505181544j:image

元が鮮やかな花は色褪せも少なくてキレイな仕上がり!

 

f:id:kakukuma_zakka:20210505172813j:image

うまく挟めていなかったのかちょっとしわの花も少しありました。

勿体無いのでこれも後で別のことに使おうと思います。

 

f:id:kakukuma_zakka:20210505173020j:image

今回仕込んでおいた分の全てのお花、ビオラと勿忘草です。

この押し花で栞を作っていきます。

 

以前祖母に貰った和紙がちょうど良い厚みとカラーバリエーションだったので、これを土台に組み合わせを考えつつ…。

f:id:kakukuma_zakka:20210505231356j:image

花は厚い部分に接着剤を少しだけ塗って仮止めします。

f:id:kakukuma_zakka:20210505180828j:image

標本感が出したかったので小さくマスキングテープも貼ってみました。

 

これを静電気に負けじとフィルムに挟んでどんどんラミネートしていきます。

f:id:kakukuma_zakka:20210505183610j:image

ふむふむ、良い感じ。

f:id:kakukuma_zakka:20210505183427j:image

因みにラミネーターは10年程前に購入したアイリスオーヤマのラミネーター。

未だお世話になっている現役です。

 

全てラミネートできたので幅2mmを残して切り抜きます。

f:id:kakukuma_zakka:20210505233934j:image

怪我防止にパンチで角丸処理もしておきましょう。

f:id:kakukuma_zakka:20210505234016j:image

実は最後にハトメを付けようと上部の余白を少し多めにとってありしたが、本にすっぽり挟んでも邪魔にならないように今回はやめる事に。

 

という訳で、これにて完成です!

f:id:kakukuma_zakka:20210505234310j:image

上段の5枚は先月作った分ですが、合わせてずらり。

 

 

途中で避けておいたシワが多いものや栞に使わなかった分は、アロマワックスバーの飾りとして使ってみました。

f:id:kakukuma_zakka:20210505224853j:image

材料は普通のキャンドルに期限切れのアロマオイル、型はお豆腐のパックという簡単即席アロマワックスバーです。

近付くとほんのりアロマの良い香り香り…。

 

 

今回完成した栞はご近所のご友人方にも使って貰えたらとワンセットで祖母にプレゼントしました^^

f:id:kakukuma_zakka:20210506000436j:image

栞の裏にはこっそり花を摘んだ日付も。

ずっと何気なく使っていて、何年か後のある時にふと「この日に摘まれた花で作った栞だったんだ!」と気づいたり思い出されたら良いな、というのが今回の栞の目標です!

f:id:kakukuma_zakka:20210505234827j:image

遠い話ですがそんな時まで誰かが使ってくれていたら素敵だなぁ…。

 

 

くまのLINEスタンプ紹介

 

f:id:kakukuma_zakka:20210421182316j:image

以前ブログで少しだけ工程を載せていた『あれ』

『あれ』作り - かくくま雑貨の図画工作記録

 

なんとなく恥ずかしかったので何とは言えなかった『あれ』の正体は…

 

f:id:kakukuma_zakka:20210421160829j:image

 

『LINEスタンプ』のことでした!

 

f:id:kakukuma_zakka:20210421153641j:image

ぎっしり40種!

かくくま雑貨のいつもの白くまと茶くまが色々しているスタンプです。

 

こちらからお求めいただけますので宜しければぜひ!

→[The usual Bears – LINE stickers | LINE STORE]

スタンプショップで『かくくま雑貨』で検索しても出てきますので、お好きな方法で探してみてください。

 

と言うわけで今回は改めて、リリースしたスタンプを使用例と併わせて幾つかご紹介していこうと思います。

 

【いつもの白くま茶くまスタンプ】

f:id:kakukuma_zakka:20210421175005j:image

入れられる最大数分詰め込みました。

それでも入り切らず没にしてしまったものもあったので、また溜まったら第二弾としてリリースしたい気持ちと、アニメーションスタンプにも挑戦したい気持ちがあります。

いつか作りたいと思いますので、次回作もご期待下さい…!

 

個人的にスタンプは普段「文字の代わりに」というより、文字とセットで使うことの方が多いので、今回も文字に気持ちの補足として添えられたらと感情表現が多めです。

 

そして一種類のスタンプでも色々なシーンで使い回しができるよう、文字も最低限にしてみました。

例えば泣いてる白くまは悲しい時でも嬉し泣きでも、悔し泣きでも。

f:id:kakukuma_zakka:20210421161653j:image

その為通常の「ありがとう」を作っていない事に気づいたのはリリースされた後だというのはここだけの話…。

 

眠たげな白くまも、寝起きでも寝る前でもどちらにも使えそうです。

f:id:kakukuma_zakka:20210421161942j:image

 

ジト顔の茶くまは誤魔化したい時などに。

f:id:kakukuma_zakka:20210421155648j:image

 

白いユニコーンは数年前のハロウィンにフェルトくまに実際作った仮装衣装。

アピールだったり期待だったり、キラキラの眼差しが送れます。

付け耳を外せばいつもの白くまです。

f:id:kakukuma_zakka:20210421155843j:image

 

水中の白くまは潜る時や浮上の時に。

どちらともとれそうな水飛沫にしてみましたが…どうでしょうか?

f:id:kakukuma_zakka:20210421171858j:image

 

スタンプを作る時、1番最初にこれは絶対に入れたいと思っていた内の一つである見張っている茶くま。

f:id:kakukuma_zakka:20210421180527j:image

「Looking at YOU」=「みてるぞ」

ハンドジェスチャーを表現するために軍手もしてもらいました。

 

そして絶対に入れたかったもう一つ、そせじ白くま。

f:id:kakukuma_zakka:20210421181448j:image

こちらは使い所が分かりませんが、このそせじ白くまを世に出せたというだけで大満足です。

 

他にも色々なくま達がおりますので、宜しければどうぞお楽しみくださいませ!

f:id:kakukuma_zakka:20210421184013j:image

【いつもの白くま茶くま】

The usual Bears – LINE stickers | LINE STORE

 

小豆のアイピロー作り

時節柄、集中して画面を見る時間が多くなりました。

最初こそ頭痛や肩こりに悩まされましたが、それも今ではほとんど気にならず。

人は慣れる生き物だなぁと思いながらも目や首の疲れだけは相変わらずです。

f:id:kakukuma_zakka:20210407215657j:image

そんな顔周りを少しでも癒せたら、と今回は少し前から気になっていた小豆を使ったアイピローを作ってみます。

 

 

f:id:kakukuma_zakka:20210407220349j:image

洗ったり使い回したりをしやすいカバー形式にしたかったので、中袋用に綿生地、カバー用にリネン生地の端切れをそれぞれ用意しました。

目元以外にも使う予定なので型紙はシンプル長方形の自分が使いたいサイズで、今回は7×16cmに。

忘れてはならない乾燥小豆と、ワンポイントになるかもしれないと綿のリボンも準備OKです。

 

せっかくなので即席で消しゴムくまはんこを拵えます。

f:id:kakukuma_zakka:20210407223528j:image

少々粗いですが即席の割にはなかなかいい感じのリラックスくまになりました。

…ちょっと危険な字面の「リラックスくま」…。

 

綿の生地で簡単に袋を作ります。

f:id:kakukuma_zakka:20210407223814j:image

小豆の寄りを防ぐ為、裏返してから中心に3cmだけ縫い目を入れてみました。

 

乾燥小豆をバランスを見ながらざらざら入れ…

f:id:kakukuma_zakka:20210407223855j:image

…こぼしました。

 

なんとか口を縫い付けてしまえば中の小豆袋の出来上がり。

f:id:kakukuma_zakka:20210407214414j:image

 

お次はカバー作りです。

大きさを決めたら大体中心になる部分に先程拵えたハンコを、布に使える『VersaCraft』のインクでペタ。

f:id:kakukuma_zakka:20210407214642j:image

素材のお陰で少しのハンコの粗はカバーできました。

ドライヤーで乾かし、アイロンでしっかり定着させます。

 

形は縦長のテッシュケースを作るイメージで中表に合わせ、リボンもこのタイミングで一緒に縫っていきます。

このリネン生地はとにかくほつれやすいのでしっかりとロックミシンをかけてから縫い合わせました。

f:id:kakukuma_zakka:20210407224948j:image

裏返したら

f:id:kakukuma_zakka:20210407224935j:image

カバーも完成。

f:id:kakukuma_zakka:20210407215004j:image

小豆袋を詰めていきましょう。

f:id:kakukuma_zakka:20210407215036j:image

ほぼ同サイズで作ったのでちょっとギチギチ。

小豆を少しずつ移動させながら丁寧に押し込み…

f:id:kakukuma_zakka:20210409134453j:image

入ってしまえばズレなくぴったり!

f:id:kakukuma_zakka:20210407213208j:image

小豆のアイピローの完成です!

 

昔からお手玉やビーズ入りの人形も好きなので、布越しの小豆のジャラジャラ感が既にこれだけで握っていたくなる手触り…!

ともあれ早速電子レンジで温めてみます。

1分程チンしましたが、そこそこ熱くなってしまったので少し冷ましてから使いました。

f:id:kakukuma_zakka:20210407223217j:image

小豆の香りとしっとり蒸気が何だか良い…

目には勿論、首の後ろに当てるとじんわり暖かくてなんとも良い心地…

変な体制でシャッターを切っていたからか凝った首周りに良く沁みる…

 

そしてやはり蒸しタオルと違って温めてから20分経ってもまだじんわり暖かいのが、小豆パワーのすごいところ。

 

これで目を休めつつ、あの「あれ」のリリースの為の最終確認をしようと思います…!

プリントスでチェキ作り

f:id:kakukuma_zakka:20210324224011j:image

桜の満開も目前。

暗くなるのがすっかり遅くなり、時間感覚が狂ってきたことで季節の移り変わりを感じる…

春の花や暖かい気候からではなく、今年はそんな春の迎え方をしてしまいました。

 

 

f:id:kakukuma_zakka:20210324224040j:image

数年前に購入した『プリントス』というアイテム。

スマホの画面をチェキフィルムに写すことのできる、電力不要のシンプルで面白いアナログなプリントマシーンです。

f:id:kakukuma_zakka:20210325002812j:image

上手く写すには中々コツが要るようで、公式ホームページからYouTubeなど色々調べ、今までに何十枚もプリントして来ましたが、暗くなり過ぎてしまったり逆に白く飛んでしまったり…未だに安定して写すことができていません。

 

今回はずっと切らしていたチェキ用フィルムを買い足したので、実験も兼ねつつ久し振りに色々プリントしてみようと思います。

 

先ずは3年前に行った横浜旅行のお気に入りの写真。

f:id:kakukuma_zakka:20210324225027j:image

シャッターを押したら、つまみをネジネジ巻いてフィルムを排出。

簡単なようでいて、撮る場所や使うスマホによってかなりイメージが変わるのが難しいところ。

f:id:kakukuma_zakka:20210325000113j:image

いつも暗くなりがちなので、早速数パターンお試しプリント。

明るすぎず暗すぎない場所でのプリントがおすすめのようでしたが、どれも良い感じです。

多少の色味や明暗に違いはあるものの、好みの範囲内でしょうか。

 

これ以降のチェキは「日中の明るい窓辺」でプリントしていきます。

 

お次は三重旅行の際に夫婦岩前で撮った写真。

チェキなので全体的にレトロ調にはなるものの、こちらは元の写真よりかなり暗め!

f:id:kakukuma_zakka:20210324231737j:image

黒い部分がしっかり出過ぎてしまっているような感じですが、こうも暗いとリアリティがあって何だか面白くなってきます。

この時に撮った写真はどれも同じように暗くなってしまったので、恐らく元の写真が西日で光の明暗が激しかったことが原因のよう…。

 

と言うことで、似たような雰囲気だけれど光の差し込みが違う2枚の写真をプリント。

f:id:kakukuma_zakka:20210324232503j:image

数年前、ネモフィラの前で撮った写真です。

2枚目の方が右側に強めに光が入っているのですがプリントしてみるとそんなに変わらない…?

光の差し込みは違いますが、写真自体が同じ環境の同じ場所で撮影したものだからでしょうか。

 

f:id:kakukuma_zakka:20210324231551j:image

全体的に明るめのお花見の写真。

桜の花弁が明るくピンク色は飛び気味ですが、これも良い感じ。

 

ゲシュタルト崩壊を感じてきたので、じわじわと浮き上がってくる写真をのんびり眺めつつ気分転換…。

f:id:kakukuma_zakka:20210324225411j:image

浮き上がったこちらは庭で撮った写真。

f:id:kakukuma_zakka:20210324225429j:image

左はスマホに写っている写真そのまま、右が写真自体の彩度や色温度を上げる編集をしてからプリントしたものです。

以前別の写真を編集してプリントした際はそんなに変化が見られなかったのですが、今回は暗くなりすぎずに写りました。

写真自体の明暗の差をなるべく抑え、レトロ調になってもぼんやりし過ぎないよう多少彩度を上げ気味に編集してから映したものが、今回1番自分のイメージに近い仕上がりにプリントすることができた気がします!

 

以前描いたイラストだったりも試しにプリント。

f:id:kakukuma_zakka:20210325002555j:image

こうして見ると、四方の影の入り方がわかりやすいですね。

シャッターの際にブレさえしなければ、ブタクサイラストのくま達の表情が分かるくらい細い部分もしっかり映せていました。

 

 

そして『プリントス』の面白いところの一つが、2枚の画像をフィルターのように重ねてプリントできること。

実は今まで試したことがなかったので、今回はこれもやってみます。

 

ベンチの写真に、素材用に撮っておいた花の写真を重ねてみました。

f:id:kakukuma_zakka:20210324235038j:image

花の白い余白部分がしっかり写ってしまいぼやぁ〜とした仕上がり。

そりゃそうか!と納得したので今度は暗めの写真で実験します。

 

横浜旅行のホテルで撮った写真2枚の組み合わせです。

f:id:kakukuma_zakka:20210324235322j:image

中央付近は白がしっかり写り、こちらはイメージ通りの怪しい雰囲気に仕上がりました。

 

 

コラージュなどに使うなら通常のプリンターで印刷したものの方が薄く扱いやすいのですが、実物を見るとやはりフィルムならではの質感に惹かれてしまいます。

f:id:kakukuma_zakka:20210325004849j:image

ハンドメイドイベントなどで白くま茶くまの写真や作品の写真などをガーランドにして飾ったら面白いかも!と購入した物でしたが、中々使いこなせない、シンプル故に奥が深いプリントマシーンです。

 

『あれ』作り

 

キャラフード作りは一旦お休み。

 

以前から少しづつ考えていたネタが大分溜まったので、今回はやっと『あれ』作りに着手しているお話を…。

 

『あれ』とう言うのは、あれで送ったり送られたりする、あの『あれ』です。


f:id:kakukuma_zakka:20210310231939j:image

かなり以前からメモし続けていたネタ達。

気付いたらかなりの数になっておりました。

 

大きさなども考えつつ、一旦描き出し選別します。

f:id:kakukuma_zakka:20210310231955j:image

 

どういうわけだか即席で『済』の消しゴムハンコも拵え。

f:id:kakukuma_zakka:20210310231947j:image

 

清書し読み込んでは『済』ハンコをポン!

f:id:kakukuma_zakka:20210310231943j:image

アナログの雰囲気が残したかったので、線は太めの鉛筆で描いたものを読み込んでみています。

 

細かい修正や着色はデジタル作業です。

f:id:kakukuma_zakka:20210310232854j:image

『にこ』という文字にゲシュタルト崩壊も感じつつ。

 

着々と増やしております。

f:id:kakukuma_zakka:20210310233955j:image

お楽しみに!!

 

キャラフードが作りたい②〜カレーライス編〜

 

前回に引き続きキャラフード作りです。

今回はメインメニューとしても定番の…

f:id:kakukuma_zakka:20210224230501j:image

【カレーライス】!

 

 

カレーはメモ書きの段階で大分イメージが固まっていたので、これを形にしていきます。

f:id:kakukuma_zakka:20210224230839j:image

 

先ずはライスの部分から。

白くまライスはほんのりバターに、茶くまライスはカレーに合わせてソースで茶色く色付けしました。

f:id:kakukuma_zakka:20210224224442j:image

鼻と口はキャラ弁の定番、海苔カットです。

相変わらず予備に余念がありません!と見せかけて、小さすぎたので後から追加で切りました…。

 

くまを小さいサイズに見せたかったのでミニサイズの野菜を添えます。

  • 新じゃがの代わりに小さく切ったジャガイモ
  • ペコロス
  • パセリを葉に見立てたニンジン

f:id:kakukuma_zakka:20210224223659j:image

ついでに彩りのブロッコリーと併せて、夕飯作りのついでに電子レンジで下準備をしておきました。

 

カレーはいつもと違う味が食べたかったのでレトルトのビーフカレー

具材がゴロゴロ入っていないレトルトカレーだったので、追加の野菜でバランスも丁度良さそう!

これらをお皿に続々と盛り付けましたら、最後にくまのチャームポイントでもある青い瞳…

これにはアラザンを使います。

f:id:kakukuma_zakka:20210224225131j:image

ひつじのショーンカフェ』で食事をし、アラザンが飾られているオムライスと出会ったのが数年前。

食事が運ばれてきた時はびっくりしましたが、個人的には食べると意外と気になら無い…!

なので今回はこれで…

f:id:kakukuma_zakka:20210224225512j:image

画竜点睛!

 

 

f:id:kakukuma_zakka:20210224230304j:image

これにてくまカレーライス、完成です!

 

顔だけ浮いてる感じが否めませんが、体はきっとお皿よりも深く深くカレーに沈んでいるのでしょう。

f:id:kakukuma_zakka:20210224234347j:image

食べようとするとキラキラの瞳で見上げられる角度は何とも言えないシュールさ…!

 

カフェっぽく、持ち帰りができる描き下ろしのコースターも付いています。

f:id:kakukuma_zakka:20210224224702j:image

前回ハンコを押したのみだったので、今回は少しイラストも描いてみました。

f:id:kakukuma_zakka:20210224224945j:image

カレーとデザートは作ったので、あとはドリンク…

と言いつつも、もう一品デザートかメインを何か作ってみても良いなあと思案中でございます。